第一印象は大切!扇子で勝負!

扇子はデザインや種類も豊富になりました!

これからの季節扇子が重宝します

これから夏にかけてドンドン熱くなっていきます。その時に、さっと取り出して扇げるのが扇子です。特に、浴衣を着るときにはワンポイントになります。その為、欠かせないアイテムになっています。しかし、ただの飾りではありません。しっかりと風をおこせるので実用的です。最近は、色々なタイプのものが販売されています。しかも、デザインも豊富で花の絵が描かれているものから、シンプルなものまであります。しかも、材質もプラスチックのものもあれば、竹やヒノキを使ったものまであります。とくに、ヒノキを使ったものは匂いもよく気持ちが落ち着きます。竹製ではしなりがあるので、扱いやすいのが特徴です。しかも、匂い付きのものもあります。以前は大人が持つようなイメージでしたが、最近は若い人にも人気が出ています。扇子はさっと出して必要がなくなったら畳んでコンパクトにして終えるのもいいです。価格も、数百円から数千円と購入しやすいです。

ネットで売れている扇子

今現在インターネット等で扇子が売れているのですが、具体的にはなぜうれているのでしょうか。それは今の現代人が昔の日本の文化等に興味を持ち始めたからです。本来ならば今の若者はほとんどの場合うちわやファンなどをもっているでしょう。しかし今は収納が可能でとてもお気軽に持ち運べるこの扇子がとても流行っています。またこれらは今アニメのキャラクターを描いたものなどもあるので、他の一般客にも沢山売れています。このように今の現代人のほとんどが、このようなものを使っていることが多くなってきています。コレクションするのも良いですし、実用性を重視して使うのも良いです。もし皆様の中にこれらに興味を持ったと言う方がいるのならば、ぜひ通販などで安いものなどから買ってみてはいかがでしょうか。気に入った場合はこれから買っていって下さい。

現代と過去の扇子の違い

近年、扇子は幅広い世代で人気があります。うちわとは違い、たためてコンパクトなので持ち運びがしやすく、すぐにどこででも扇ぐことができ涼しく出来るからです。現代ではこのように扇ぐという使い方が主流ですが、昔は違いました。扇子のルーツである桧扇という細長い木の板をつないで作ったものは1200年程前に登場しました。平安時代になると紙が使われ、現代のものと見た目が変わらなくなりましたが、使用目的が異なります。扇ぐ以外に、贈答品であったり、和歌を書いてお互いの意思の疎通に使われていました。この時代は主に貴族の必需品となっていましたが、時がたつにつれて、能楽や茶の湯といった芸能に用いられ庶民の間でも普及していきました。鎌倉時代には、中国やヨーロッパに輸出され、扇をゆらめかす貴婦人たちが多くみられるようになりました。今でもその姿が絵画や写真として残っています。江戸時代末期になると、今度はヨーロッパに伝わったものが日本に逆輸入され、それが絹扇を生み出しました。扇子は日本だけではなく世界に広がり、その国々の文化の一つとなっています。

記念日や誕生日の贈り物をお探しのお客様へのメッセージとして、色華やかな日常のシーンを彩る、扇子やスカーフなどをご用意いたしております。 デザインコンテスト受賞作をはじめ、日本の風雅を世界に発信できる美しく涼しい京都ブランドの扇子を豊富に揃えたネットショップです。 当社では用途によって無料ラッピングも選べ、レーザー刻印による美しい文字で名入れできるので贈り物に最適です。 扇子は舞扇堂に決まり

Written by admin

8月 3rd, 2015 at 2:03 pm

Posted in